2035年以降、困らないために今から考えておきたいこと

f:id:kikitemj:20191020121854p:plain



 

最近、今までやったことのない仕事も受けてみている♠Jです。経験がなさすぎて毎日死にそうになっています。

さて、先日「2035年問題」に関して記事にしました。今後のAIの発展はもちろん、少子高齢化などの影響で私たちを取り巻く環境は大きく変わってきます。今回はそんな今後なくなっていく職業やなくなっていく働き方などに関して、意見も踏まえて記事にしていきます。

2035年問題」の記事をまだ読んでいない方はそちらからご覧下さい。

 

kikitejm.hatenablog.com

 

 

1.プログラマはいらなくなる

プログラマ、エンジニアなどのIT系職業はクリエイティブで職人的な仕事だからAIに取って変わられないと考えている方も多いそうです。しかし、プログラマに関してはあっという間にAIの進化によってあっという間に消えていく可能性が高い仕事です。

 

そもそも、プログラマという仕事はわかりやすく言うと、決まっている設計通りのプログラムを組むだけの仕事です。そして、今現在でもジェネレーターというプログラムを自動生成するプログラムが存在し、簡単なものであれば自動で行うことが可能となっています。

 

今現在で、簡単なものができるようになっているため、10年、15年経てば設計を読み込ませればプログラムを組むことは自動化されていることが予想されます。つまり、プログラムを組む職人であるプログラマという職業は必要なっていきます。

 

このような状況から、未だに、これからはプログラミングができないといけないといって勉強をする人がいますが、あまり意味がないのではないかと思っています。プログラミングがわかる程度、プログラマ程度の能力なら先述の通りAIでいいですし、学校で必修化されることでこのレベルの人は飽和していきます。確実に需要を超えるため、仕事につなげていこうとしても安く使われるようになるだけなので、今から勉強してももう遅いと思います。勉強するならエンジニアやプロマネになれるくらい極めるか、デザイナー関係の勉強に時間を当てた方がいいと思います。

 

 

2.大多数の営業職もなくなっていく

 

馴染みがあると思いますが、本はスマホタブレットで読むことができ、コンビニでボタンを押せばコーヒーが飲めて、セルフレジも増えています。要するに、今まで人が行っていた事柄が人を介さないことが当たり前となっています。

 

そんな中、職業の王道とも言える営業職もほとんどいらなくなってくることが予想されます。例えば、顧客から聞かれたことや要望に対してのみ応えていくルート営業の人たちは完全にAIでよいです。突発的なことがあっても、基本的には毎回同じような注文が来て対応するのであれば、人じゃなくていいです。人だから関係性が作れて成り立っているという人もいますが、正直、必要ないです。ECサイトが身近になっている世の中なので、日頃の取引もECサイトでの買い物感覚で行えるようになります。

 

営業という職種が完全に消えることはありませんが、仕事内容が従来の営業が3~4割、エリアマネージャーのような業務が6~7割くらいになるのではないでしょうか。基本的にAIが営業を行い、最後の金額調整の部分や顧客に開示をするか悩ましい情報を伝える判断をするということだけ人が行えばいいと思います。

 

言われ仕事だけ、考えない仕事にはなくなっていくということですね。

 

 

 

3.正社員雇用とその他雇用形態の差がなくなる。

 

AIの発達が進んでいく2035年以降では、正社員ではなくちょっと働いてくれる人を欲しがる企業が多くなってくると考えられます。例えば、大半の業務はAIがやってくれるが「1日数時間雑務をこなしてくれる人」が必要になってくるのです。

 

つまり、正社員といえば、週5日1日8時間働くことが一般的ですが、そんなに出勤されても困るという企業が増えてくるということです。今までやっていた業務を切り出し、その管理や問題が起きていないかチェックをしたり、ある程度情報等が集まるまで業務を待ってから業務を行うようになる可能性が高いです。

 

そのため、企業の中では、正社員を抱えることがコストになる可能性が出てきます。また、あくまでも予想ですが、これから10年15年経てばセキュリティ面も今よりも強固なものになり、出社も必要なくなります。そうすると、正社員ではなくアルバイトや派遣、フリーランスを効率よく使う企業が増えることが予想できます。

まあ、当たり前の時代の流れですよね。

 

 

4.まとめ

 

将来の職種や働き方について考えていると、今からフリーランスや複業の可能性を信じて経験している人は数十年後に強いだろうなと思います。年々複業する人もフリーランスになっている人も増えてきていますが、大半の社会人は昔ながらの会社員です。これから社会が、働き方が大きな変化を迎える上で、新しい経験をしていないと生き抜いていけない可能性すら出てきます。職業や働き方にとらわれずに、今のうちに様々な経験をしておこうと思います。