禁止・制限は責任逃れのためだと思う

 

ãå¬å ç¦æ­¢ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

最近、花火をしようとしたら、出来る場所が全然なくて困った♠Jです。昔は、公園や土手、実家の前の道路など人に迷惑がかかりにくい場所であれば、どこでもできたのに気がついたら禁止されてるんですね。知りませんでした。その際、公園を巡っていたらそもそも遊具も少ないし、遊び制限されすぎだろと思ったので、まとめてみました。

 

 

【遊具が減っている】

 

公園と言ったら、なにを想像しますか?私は、滑り台やブランコはもちろん、ジャングルなど遊具がいろいろある場というイメージがあります。ただ、今は遊具もかなり減っているみたいです。ブランコ系だと、箱型の4人乗りブランコやイス型のブランコは撤去が進んでおり、回転するジャングルジムなども撤去が進んでいるそうです。私が昔よく遊んでいた公園を見に行ったら、滑り台すらなくなっており、遊具は全てなくなりただの空き地になってました。

撤去の理由は、怪我をする・危ないという理由が多いとのことです。たしかに、遊んでいたら怪我する可能性はあるし、大きな事故になってしまうこともあると思います。ただ、遊具を使うために、順番を決めたり、その順番を決めるためにルールを決めたりすることはいい経験なのではないかと思います。大人からしたら、子どもを守っているというのでしょうけれども、最善策ではないのではないかと思ってしまいます。




【球技が禁止されている】

 

私が子供の頃は、よく公園に集合して野球をしたりサッカーをしたりして遊ぶことが多かったです。金網で囲まれた公園で野球をしてたらボールが超えてしまい、近隣の家の窓を割ってしまって家主にめちゃくちゃ怒られるというのもよくありました。でも今は、今は球技自体が禁止されている公園が多いみたいですね。家でできない遊びが、公園でもできないって公園でなにしろというのでしょうか。

ボールが公園外に出てしまって子どもも飛び出したら危ないからということが禁止の最有力理由だそうですが、昔からそう言われてるじゃないかと思います。そもそも、車も公園付近は徐行することが常識ですし、子どもが飛び出すのは親の教育が悪いのではないかとも思ってしまいます。危ないことを経験することで学べることもあると思うから禁止をすることで、子供を守るということには繋がらないとおもってしまいます。

 

それにしても、球技禁止なのに老人達が公園を占拠してゲートボールをしていることが許されているのは全く理解できないです。

 

【禁止や制限って大人が責任逃れしたいだけ】

 

危ないから禁止する、危ないから遊具を撤去するって、ただ大人が責任取れないからではないかと思ってしまいます。挙句の果てに最近の子どもはゲームばっかりしていて外で遊ばないなどと言う大人もいますが、そもそも遊べる場所がないという問題に突っ込む人が少ないですよね。外で遊ぶことで、怪我はするだろうし喧嘩になるだろうし、危ないことも多いだろうけど、それを経験することも必要なはずだと思います。制限することって、子どもを守ることにも教育にもならないように感じるのは私だけでしょうか。