集中力に貢ぐ



以前、集中力について記事を書きましたが、今回はその続編的な記事になります。

 

 

kikitejm.hatenablog.com

 

 

集中力について記事を書いて以来、色々な人とその話をしてみたのですが、中には集中力をお金の力でコントロールしている人もいるようで驚きました。前回、集中力を彼氏・彼女という表現をしましたが、まさに貢ぐような関係性と言えるでしょう。

今回は僕も気になったので、”お金を払って”上手に集中力と付き合う方法をまとめてみました。

 

【場所を買う】

まずは集中力が出てきてくれる”環境”にお金をかける方法をまとめていきます。イメージしやすいのはカフェとかでしょうか。知っている人がいない状況を作るために、あえて職場や家から離れて、集中力が出てきやすい環境を整える方法です。

もっと突き詰めていくと、芸術家がアトリエを設けるのも、これに当てはまるのだと思います。おそらく、芸術家は非常に繊細な集中力を持っている方も多いので、誰にも会わないようにする環境が必須なのかもしれませんね。

貢ぐという観点で考えてみるなら、高いお金を払って高級マンションを買ってあげるようなものでしょうか。

 

【ご褒美を買う】

誰もが頑張ったらご褒美が欲しいものです。それは集中力でも変わりません。頑張ったら目一杯寝かせてあげる。おいしい料理を用意する。目の前ににんじんをぶら下げるかのように、頑張ったらそれに見合ったご褒美を用意することで、その力を最大限に発揮してくれるでしょう。

ちなみに、僕の集中力は趣向が似ていてお酒が大好きなので、頑張ってくれた時は浴びるほどお酒を飲むようにしています。

こちらも貢ぐという観点であれば、ブランド品やアクセサリーを買ってあげるようなものかもしれません。

 

【まとめ】

やっぱり世の中はお金です。お金さえあれば、集中力を買収することができるんですから。機嫌を損ねないように細心の注意を払って、貢ぎ続ける関係はこれからも変わらないのかもしれません。抜け出せないキャバクラにはまってしまったような錯覚を覚えます。