コンビニから男のロマンが消えた

 



こんにちは、♠Jです。2019年が残り数ヶ月となり、来年のオリンピックに向けての動きや報道が多くなってきてますよね。その中でも直近で起きたことが、コンビニからエロ本が消えたということですよね。今年の始めにセブンイレブンやローソンから消え、唯一残っていたファミリーマートでも8月末に完全に消えましたね。一応、オリンピックを見据えて訪日客や女性、子どもへの配慮としてエロ本を置くことをやめるという選択をしたそうです。

そんな男のロマンであったエロ本が消えることでちょっと悲しくなったので記事にしてみました。



【オリンピックのために撤去は建前】

あくまでも個人的に調べた結果なので、偏っている考えではありますが。

一応、オリンピックのために、女性や子どものために、撤去した体になっていますが、裏は違うらしいです。単純にコンビニの売上にもほとんど貢献しなくなり、置いておく理由がなくなったことから撤去に至ったということが本音らしいです。

そもそも、エロ本を含む雑誌系を置いている理由としては、客を集めるためだったそうです。昔から雑誌をおいて、立ち読みがてらコンビニに入ってついでになにかを買っていくということを期待して置き始めたそうです。

 

今だと、インターネットでなんでも調べられますし、立ち読み禁止にしているコンビニが多くなっていることから雑誌を置く効果がなくなってしまったのでしょう。時代の流れから淘汰されて消されたという理由に信ぴょう性が高そうです。





【そもそも需要はがない?】

 

私自身、エロ本を買ったことがあるかと言われるとほぼないです。おふざけの一環で入院している友達のお見舞いや誕生日プレゼントとして買っていくことが若かりし頃にありましたが、その程度です。

たぶん、ほとんどの方が買ったことはないのでしょうか。10年以上前には売れていたのだろうと思いますが、今ではネットが発達しているため、わざわざ雑誌を買う理由がないですよね。

買いはしないけど、私のようにちょっとおふざけのためにという人は結構多いのではないかと思います。



【まとめ】

 

正直、エロ本がなくならずにコンビニにあっても、なくなっても個人的に買うことはないのでどちらでもいいです。ただ、おふざけ用としては、簡単に買えるコンビニに置いてあるといいのになと思います。コンビニに置くことを反対している人の意見もわかりますが、正直置いてあっても文句言うほど私生活に影響ないだろとも思ってしまいます。なので、わざわざなくさなくていいだろうし、10店舗に1店舗くらいは置いてあってもおもしろいのになと思います。