若者の車離れって大人がカッコつけたいから問題にしてるだけだと思う

 


車購入欲が全くない♠Jです。ここ数年で、若者の車離れ問題が騒がれていましたが、なぜそんなに騒いでるのだろうと疑問を持っています。正直、時代の流れとして当たり前のことが当たり前に起きているだけだと思うので、なぜ騒がれているのかなどを私の偏見を元にまとめてみました。

 

【カッコつけたい大人が騒いでるだけだと思う】

もちろん、車離れによって自動車メーカーの売上が落ちるので、関係している人が問題視する人がいるのがごもっともだと思いま。ただ、問題だと騒いでるのは、40~50代あたりの人が多く、その理由はカッコつけられなくなるからだと思っています。40~50代くらいの人は、仕事を頑張ってお金貯めて、家や車を買うということがかっこいいと思っている傾向がまだあると思います。このような人たちが車離れを問題視しているのではないでしょうか。私も会社員時代に「どんな車がほしいの」と聞かれることが結構あり、特にないと答えると最近の若者は~という話になることが多々ありました。
40~50代の人たちは、若い頃に豪遊している先輩に憧れる率が高いからこそ、後輩へのカッコ付け方がわからなくなってしまうから問題視しているのかなと思います。

【サブスク・シェアが当たり前の時代】

車離れの1番の要因は、サブスクやシェアが当たり前になっていることなのではないかと思っています。音楽も、昔はCDなどを買うことが当たり前でしたが今ではサブスクになっていますし、映画やドラマもHuluやNetflixなどの台頭によりレンタルではなくサブスクになってきています。この流れが車などにも来て、カーシェアやシャアサイクルなども当たり前になってきています。
このような時代の流れからしたら、車離れは当たり前だと思います。

 

【まとめ】

このように考えると、別に問題じゃなくないかともおもってしまいます。また、交通手段が発達してきており、車を使う理由がなくなっていますし、リースなども出てきているため、より車離れは増えそうですよね。私としては、車離れはしていけばいいと思いますし、このままシェアやリースなどがもっと当たり前になって、もっと使いやすくなればいいと思います。