満腹なときは眠気に打ち勝ち、人と話すべき

 



お腹の減りぐらいと上手に付き合うシリーズの続き、”満腹編”です。

下の記事の続きになりますので、まだ読んでいない方は、こちらを先にご覧ください。

 

 

kikitejm.hatenablog.com

 

 

今回の記事を書くために初めて満腹について考えましたが、あんまり「俺、今満腹時だわ。」って思うことはないですよね。すぐに眠気がくるので、仕事をしていると空腹よりも辛い時間かもしれません。そんなことも踏まえつつ、満腹時の傾向をこれから書いていきます。

 

【満腹時の傾向】

「おなかいっぱい=幸せ」ですよね。満腹な時にめちゃくちゃ怒っている人って少なくて、腹の底から出てくる余裕がある気がします。その理由は、これも本能的な考え方から、死とは正反対の意識になり危機感がなくなっているからだと思います。おそらく、「満腹になれる=お腹がいっぱい食べられる環境=死から遠い安全な場所」と認識して、人間が最も気を抜く”眠る”という行為を誘発しているのでしょう。 

 

満腹時を一言でまとめるのであれば、「幸福いっぱい、余裕もたっぷり」とかになりそうですね。

 

【満腹時に適した仕事】

では、満腹時に適した仕事とはなんでしょうか。

それは”コミュニケーション”だと思います。

満腹は身体的に最高の状態であるため、相手の気持ちを考える余裕も出てくるので、円滑なコミュニケーションができるはずです。たとえ言い方が少し嫌な感じがしても、満たされた余裕で些細なことはきっと気にならないはずです。

 

前職ではこの持論に基づいて、上司に言いにくいことを伝えるのはいつも昼食から帰ってきたでした。まだ、1日の半分あるという時間的な余裕に加えて、お腹とともに心も満たされている状態ですから、よっぽどのことがなければ怒られることはありませんでした。

また、取引先にちょっと無茶な提案する際には、こちらも昼食後を狙って連絡をすると、感覚的にはすんなり通る確率は高かった気がします。

 

【腹具合を上手に利用する】

二流は変化に抗いませんが、一流は変化を利用するものです。今回取り扱った”腹具合”は人生で最も多く直面する自分の変化といっても過言ではないので、上手に利用できるとさらに仕事がスマートにできるのではないでしょうか。