僕の集中力はめんどくさい性格をしている

 

f:id:kikitemj:20190905232529p:plain






時給についての記事を書いてから、どんなことも時給換算してしまう卑しい思考が身についてしまった♠Kです。

突然ですが、皆さんは集中力を引き出すために、何か心がけていることはありますか。僕の集中力は引っ込み思案なので、欲しい時に呼んでもなかなか出てくれないことが多いです。しかし、そんな困った”集中力”と20年以上付き合っているので、なんとなくその性格がわかってきました。

 

【集中力の性格】

あくまでも僕の集中力ですが、おおまかに分けると3つの性格を持っています。上手に付き合っていくために、まずはその3つを考えてみます。

 

・集中力は気分屋

「よしやるぞ」って気合いを入れても、集中できるまでに時間がかかってしまうことってよくありますよね。それは集中力が気分屋だからです。まずはこれを認めることが大事です。こちらの気持ちを汲み取って出てくることなんて、ほぼないと言って良いと思います。もし出てきてくれたらラッキーです。そして、うまいこと出てきてくれたとしても、少しでも機嫌を損ねるとすぐに帰ってしまいます。

 

・集中力はシャイ

基本的に人と一緒にいると出てきてくれません。人が大勢いるところはもちろんのこと、尊敬する人や好きな人の前でも恥ずかしがってしまうのか、出てきてくれません。もはや直らない性格だと割り切って、人前で無理やり出すのは避けるべきだと思います。もし無理やり出してしまうと、テンパってしまって思った方向とは違う方面に力を発揮することになるでしょう。



・集中力はケチ

そんな集中力は、損得勘定で生きている側面があるので損をすることが嫌いです。「ここで出てこないと回り回って自分に被害が出る」ということがわかっているので、本当にやばいときは出てきます。わかりやすいときは締切間近とかでしょうか。もっと早く出てきてくれれば良いのに、ケチなので極力出てこようとせず、できるだけ省エネで動くようにしています。



【上手に付き合うには】

集中力はスーパーめんどくさい彼氏か彼女くらいに思っておくべきですが、その力は非常に強く、何度も自分を助けてくれているのも事実です。人それぞれで”集中力”は色々な性格を持っているはずなので、今回の記事が参考になるかは正直わかりません。しかし、集中力も自分の一部であることは間違いないですが、違う性格を持っていると思うようになると、対策が打ちやすいのでオススメです。