フリーランスが前職の給料25万円を稼ぐまでの戦略 –会社員時代を振り返る−

 

f:id:kikitemj:20190819015720j:plain

最近は遊びすぎてしまってお金がなく、アルバイトをはじめようか真剣に悩んでいる♠Kです。

さて、突然ですがフリーランスの皆さん。会社員時代の金額ぐらいはもう稼げていますか?

フリーランスから会社員時代の給料を稼げるようになるのって、めちゃくちゃ大変ですよね…。何をしたら報酬が上がるかもわかりにくく、そもそもどこから仕事を仕入れていくかも探さなければなりません。

 

僕は特出した経験も資格もなく、あんまり先を考えずにポンと辞めてしまったので、悲鳴をあげながら毎日をなんとか生きています。しかし、そろそろ余裕を持ってチャレンジができるように、月収を上げていかなければならないと思う今日この頃。まずは会社員時代の給料を目標に動いていくことにしました。

そして、今回はシリーズに分けて”フリーランスが前職の給料を稼ぐまでの戦略”について、リアルな数字を交えて書いてみます。

 

記念すべき第1回は目標を明確にするために、まずは過去の”会社員時代を振り返る”内容で記事を書いていきます。

 

 



【時給を算出する】

まずは会社員時代の給料を分析していきます。会社員時代は手取りしか見ていませんでしたが、ちゃんと見直すと交通費やらなんやらでたくさんもらっていたことがわかりました。しかし、これを見るだけだと「月収を上げるぞ!そのために仕事を増やす!」みたいな漠然とした目標しか出てこない気がします。そして、フリーランスだと月給換算がしにくいので、まずは時給に換算して考えてみようと思います。

退職する時にもらった書類を参考にして、平均的な数字を洗い出してみました。

 

月の報酬; 25万円

こちらはややこしくなるので手取りで算出しています。みなし残業の制度を取っている会社だったので、これが基本でした。

 

総就業時間: 200時間

週5日×8時間×4週間+残業40時間ぐらいでしたね。残業なんてほとんどしていないと思っていましたが、土日出勤もたまにあったので残業はぼちぼちあったことを今知りました。

 

時給:1250円

アルバイトにするともらっているように見えますが、改めて数字にすると安い感じがして、結構落ち込みますね。塾講師のアルバイトの方がもらっていたので、ショックを隠しきれません。




【”本当”の時給を算出する】

これでそのまま今の給料と比較しても良いのですが、フリーランスでは契約通りの時間だけを仕事をすることはほとんどないため、会社員時代の就業時間だけと比較すると正確ではない気がしています。また、会社員時代にも仕事をするための移動時間や接待的な飲み会もあるので、就業時間ではなく報酬に対する労働時間を総称して”総労働時間”に直して、もう1度時給を計算してみます。

 

本来の時給を出すため式は、下のようになります。

 

会社員時代の”本当”の時給

=月の報酬÷総労働時間(就業時間+移動時間+接待時間)

 

月の報酬; 25万円

こちらは据え置きで考えていきます。

 

総労働時間:230時間

就業時間200時間 

+ 通勤時間20時間 (往復1時間/日 × 20日間)

+ 接待時間10時間 (月に2回で平均5時間程度)

接待時間は「取引先との飲み会」「どう考えても断れない社内の飲み会」としました。部署で毎月やっている飲み会とか、偉い上司がわざわざ時間を作ってくれた飲み会とかって「どう考えても断れない社内の飲み会」ですよね…。

今回はどう考えても発生する仕事に関する時間を総称して「総労働時間」としてみました。

 

本当の時給:約1090円

1の位は切り上げましたが、ほぼ都内のアルバイトくらいに落ち着きました。おそらくこれが”本当”の時給だと思います。



【辞める前に計算しておくべきだった】

いかがでしたか。僕は今フリーランスになっていますが、お金の面で転職も視野に入れていました。副業を推奨する企業が増えてきて、ひとつの会社に就職しながら個人的にも働くことができる時代なので、そういう選択もアリだと思います。しかし、月収だけで判断してしまうと、アルバイトで働いていた方がはるかに稼げるかもしれないということもありえます。実際に、上の数字は3年ぐらい働いていての報酬と時間なので、経験が浅ければもっと報酬は安くて、もっと就業時間が長いケースも少なくないはずです。逆に、長く働けば効率よく報酬を上げていくことも可能ですね。

 

今回は過去について書きましたが、次回はこの記事を踏まえてフリーランスになった”今を分析する編”を書いてみます。

 

 

【編集を終えて】

僕もノリで会社をやめてしまったので、お金のこともっと考えておけばよかったと思っています。なにをするために、フリーランスになったのかということなど、目的を明確にもっていないとブレてしまいそうだなと思いました。気をつけよう。。。