退職代行は必要なサービスなのだろうか。

 

 

ãéè·ä»£è¡ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

最近増えてきている退職代行というサービスをご存知でしょうか。お盆を機に、転職などを考え始める人が多くいると思います。退職をするにあたって、自分で交渉をする以外の選択肢として注目されているサービスが”退職代行”です。今回は、退職代行を紹介しながら本当に必要なサービスなのか考察していければと思います。

 

 

 

【退職代行とは】

 

退職代行とは、社員本人に代わって会社に退職の意思表示をし、手続きをしてくれるサービスです。「退職するためにお金を払う」という行為に理解ができないという方も多いのではないでしょうか。多くのケースでは、会社に労働上における何らかの問題があるため、簡単に退職することができない会社に勤める社員に対して退職代行の需要が高まっているといえます。

 

それでは社員の退職代行ニーズが大きい、「労働上の問題のある会社」とはどのような会社でしょうか。具体的な事例をみてみましょう。




【利用時の流れ】

まずは、退職代行サービスの公式ホームページから無料相談ができます。そこで相談してから正式に申し込みをするという流れになります。申し込みをしてから費用を払っていくのですが、だいたい3~5万円程度かかるそうです。そこから業者の方と打ち合わせになります。現在の状況や退職理由を伝え、会社に連絡を入れる日や会社に伝えて欲しいことなどを打ち合わせで決めていきます。ここまで終わったら、業者が会社に連絡をいれて、退職承認の報告を待つという流れです。退職承認を得られたら、所持している備品などを郵送にて返却をして退職完了という流れになります。

要するに、自分からは会社に一切連絡を入れなくて良くなるというものです。



【退職代行を使うメリットデメリット】

1番のメリットは、自分で退職交渉をする必要がないということでしょう。退職したいことはどんな人であっても言いにくいと思います。私自身も退職するときには言いにくかったです。それこそ、業務が忙しい時期だったり、上司がこわかったりするとなおさらです。古い体質の会社であったり、立場がある方だったりであれば、引き留めのやり取りや挨拶回りなどの非効率に感じる部分をすっとばすことができます。それでも、退職代行を使って退職をすると、同僚や上司からはいい目で見てもらえず、会いにくくなってしまうということも大いにありえると思います。また、転職をする際に退職代行を使って退職したことがマイナス評価に繋がる可能性があります。同じようにまた辞めてしまうのではないかと心配になるので。

このように考えると、デメリットの方が大きい気がします。

 

【個人的にはあまりおすすめしたくないサービス】

 

私個人の意見としては、あまりおすすめしたくないサービスです。古い考えかもしれませんが、雇ってくれて給料もくれていた会社に対しては、自分で退職交渉をして退職することが筋だと思っているからです。ただし、パワハラがひどい会社や退職が認めてもらえないということがあれば利用すべきだと思いますが、退職代行ではなく労基に相談すれば問題ないのではないかと思います。労基は動いてくれなさそうなイメージをもっている方も多いかもしれませんが、結構力になってくれます。また、退職代行業者は円満退職ができると謳っていますが、円満退職にならない可能性も高いです。退職・転職を考えた際にはしっかりと自分で伝える方が退職後の関係も悪くならない可能性も高くなるため、やはり個人的にはおすすめできないサービスです。



【編集を終えて】

退職代行サービス、結構流行っていますよね。人を採用することが難しくなっているので、なんとか辞められないように企業が必死なるのはしょうがないと思います。もちろん、理不尽で大嫌いな会社であれば、退職代行は超オススメなサービスです。ただ、退職の相談をすることで案外理想の働き方を提示されることもあるみたいなので、まずは話してみるのは大事かもしれませんね。