ストレスや疲れから回復する方法

 



日々の生活で、ストレスって溜まりますよね。会社員をやっていると、通勤で満員電車に乗っているだけでもストレスですよね。私も会社員をやっていた時代に、通勤もそうだし、理不尽な指示や要望にストレスを感じることが多かったです。多くの人がストレスを感じていて、そのストレスを解消するための工夫も人それぞれだと思います。そんな中、今Twitterで「#私の回復じかん」というのが流行っているみたいなので、私自身の体験談も含めて紹介していきます。




【そもそも私の回復じかんとは】

f:id:kikitemj:20190813024709p:plain

「私の回復じかん」とは、人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていくメディアを運営しているNPO法人Soarが行っている活動です。具体的には、毎日働いたり勉強したり、家事をしたり。普段何気なく過ごしていると、頑張りすぎて疲れが出たり、心の傷つきが溜まって調子を崩してしまう際に、「回復時間」の共有をするという活動です。



ストレスが溜まりやすい社会であるからこそ、おもしろい活動だと思いました。

自分1人で回復できる人もいれば、うまく回復ができない人もいると思うので、是非参考になればと思います。



【♠Jの回復じかん】

f:id:kikitemj:20190813024733p:plain



私の回復じかんとしては、王道は「フットサル→銭湯→飲み→寝落ち」という日を作るということです。もともとサッカーをしていたということもあり、フットサルが結構好きです。さらに、フットサルで死ぬほど汗をかき、楽しんだらそのまま銭湯にいって疲れを癒すというサイクルが大好きです。その際のメンツにもよりますが、基本的にはそのまま飲みにいって、たわいもない会話をして、家に帰ったら即寝落ちという1日を作ります。

私は仕事のことを考えず、ただわいわいすることが癒しなのかもしれません。

 

ただ、たまに動くことすら嫌なときもあります。そのときは、1日中引きこもってゲームをしています。ウーバーイーツなどを使って、料理もせず、掃除もせず、気が済むまでゲームします。引きこもる時には、レベル上げができるRPGFPS系のゲームがおすすめです。



【試したい「回復じかん」】

Twitterで検索をしてみると、結構おもしろい「回復じかん」があり、試したいと思ったものもあったので、2個ほど紹介します。

 

f:id:kikitemj:20190813024927p:plain


まず1つ目はこれです。「般若心経」をリピート再生で聴き続ける。このtweetをみた時に面白すぎて笑ってしまいました。確かに、無心になる時間が欲しくなったら良さそうだなと思いますが、夜に聴き続けたら心霊系のなにかが起きちゃいそうで怖い気がします…。

 

f:id:kikitemj:20190813025027p:plain



このtweetを見た時、素直に、「あ、料理しよう」って思いました。もともと料理することが好きだったのに、最近はあまりしていないなと思い出させてもらいました。凝った料理を作ると結構無心になれるからいいですよね。私としてもおすすめです。

 

2つのtweetを紹介しましたが、「#私の回復じかん」と検索するといろいろなtweetが見れるため、それを眺めているだけでも結構ほっこりして回復できる気がします。

 

【まとめ】

会社員の時も、フリーランスになってもストレスはなくならないなと感じてます。むしろ、家で仕事をすることが増えたので、人と話す時間が減ったというストレスもあるかもしれないなと思います。ストレスと無縁になることは難しいので、しっかりと日々回復をしていかないといけないですね。皆さんの「回復じかん」も是非教えてください。

 

【編集を終えて】

回復じかんって言葉が良いですね。ストレスを感じることはあっても、なくなる感覚ってなかなかわからないものですもんね。ちなみに、♠Kの回復じかんは、好きなアーティストのLIVE映像を見ることです。強制的に無心の状態を作るため、他の音は何も聞こえないくらい爆音で流すのがオススメです。