趣味からも学びは得られる

 

 

f:id:kikitemj:20190811014335p:plain

 

 

 

こんにちは、ゲーム狂の♠Jです。7月26日~28日まで、「MET Asia Series: PUBG Classic」という「PUBG」というゲームのアジア大会がタイでありました。これがめちゃくちゃおもしろい大会だったのですが、e-sports発展途上国であるタイでの大会だったこともあり、運営に問題があったりもしました。趣味である観戦からも学べたことがあったため、まとめます。

 

 

 

 

【そもそもMET Asia Series: PUBG Classicとは】

 

2019年7月26日~28日まで行われた、PUBG Classic大会(PUBG Corp.が公認する大会)として、MET Eventsが主催するアジア地域の国際大会です。出場チームはアジア各国(中国・韓国・台湾マカオ香港・日本・東南アジア)の公式リーグの上位チームから選出された16チームで行われる大会です。日本からはSeason3優勝のDetonatioN Gaming White、シーズン準優勝のRascal Jesterが出場しました。試合数は全18試合の順位ポイント、キルポイントを合計したポイント数で優勝が決まっていきます。

 

タイはバンコクの大型展示場「Bangkok International Trade & Exhibition Centre」にて行われ、賞金総額は30万ドル(約3,200万円)と、非常に大きな国際大会です。

 

 

 

【問題の火種 大会中に停電】

 

この大会中に起きた問題の全ての根源は、第12試合目の試合終盤に起きた停電になります。

 

 

f:id:kikitemj:20190811014002p:plain

停電時の大会会場




 

 

e-sportsの大会なので、停電が起きたらもう試合どころではありません。そもそも、e-sportsの大会が行われる数日間、数時間にピンポイントで停電が起きてしまう脆弱さ自体も問題視されています。しかし、個人的には停電自体はしょうがないと思っています。日本でやっていてもありえることですし。ただ、試合終盤でサーバーエラーが発生した場合の裁定を規約に盛り込んでいなかったことがかなり問題になっています。

 

可能性として、ありうることなのに、規定が決まっていなかったことでさらに大きな問題へと発展してしまいました。

 

 

【問題 中国・台湾勢のボイコット・無効試合の発生】

停電が起きたのは、3日間の日程のうち2日目、通算12試合目でした。停電後は、その試合自体なかったことになり、キルポイントもなしということになっていました。

しかし、3日目が始まると、キルポイントのみ反映されていました。そこから、中国・台湾勢が納得できないとし、ボイコットをし始めました。運営はこのボイコットを認めたまま9チームで15試合目を開始。

f:id:kikitemj:20190811013928p:plain

15試合目まで終わった状態。

15試合目の決着が着いた後に、ボイコット側の主張である13試合目、3日目第1試合の14試合目、7チームがボイコットした15試合目を丸々無効にするという判断をし、本大会の公平性が担保できなくなったと判断されました。

f:id:kikitemj:20190811014036p:plain

無効の判断後のスケジュール

その結果、本大会優勝チームに与えられるはずだった「PUBG Global Championship 2019」へのワイルドカード枠をなしとされることになってしまいました。

各国リーグの代表が揃ったアジア大会ではありえてはいけないような問題と言えます。

 

 

 

 

 

【楽しいだけでなく学びもある】

 

大会を行うにあたって、停電が起きた場合なども想定できるはずの事象に対してのリスクヘッジの大切さをとても学びました。運営側の不手際が目立ったことにより、今回の大会の次のステージである「PUBG Global Championship 2019」への参加枠がなくなり、選手や視聴者が被害を受けていると。何かを運営するときには、自分たちだけではなく、関わってくる人たちへの影響なども想定しないといけないですね。

ただ、今は各国の代表選である「PUBG Nations Cup」が開催されています。世界大会ですが、日本語解説もありますし、YouTubeやTwitchでのライブ配信はもちろんアーカイブも残っているので、是非見てみてください!日本チームも出てますので、一緒に応援しましょう!


[JP] PUBG Nations Cup 2019 Day1