e-sports業界が数年でかなり伸びるはず

 

ãpubg japan seriesãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

f:id:kikitemj:20190729013326p:plain

私♠Jはかなりのゲーマーでして、e-sportsという業界にハマっていて、自分でプレイするのもe-sportsの大会観戦も結構しています。

 

e-sportsとは

eスポーツはLANパーティの中から生まれたとされる。欧米では1990年代後半から高額な賞金がかけられた世界規模の大会も開催され、参加者の中にはアマチュアから年収1億円を超えるプロゲーマーまで含まれる。

『League of Legends』や『スタークラフト2』などはプロフェッショナルスポーツと認定され、日本でもアスリートビザが発行された。

2017年の調査では、eスポーツは世界中で3億8,500万以上の視聴者がいるとされている。

 



特にハマっているのは『PUBG』というゲームで、日本の大会も韓国のプロリーグをほぼ全試合見ています。

そんなゲーム狂になりかけている私が、e-sports業界は数年以内にもっと注目を集めると思っていて、その理由を韓国との比較もしながら簡単に説明してみます。




【そもそもe-sports業界の現状とは】

 

現在、e-sportsの競技人口は約1億3,000万人、視聴者は3億8,000万人以上、市場規模は1000億円を超え、2020年には市場が約3,300億円になるとも言われる業界になっています。世界的に人気が出てきている新スポーツですが、コンシューマーゲームからPCゲームまで幅広いジャンルのゲームで大会が行なわれています。特に人気があり、賞金が多いのはPCゲームで、2018年度は「Dota2」というゲームで賞金総額40億円とも言われています。

f:id:kikitemj:20190729013127p:plain



上の図はPCゲームの賞金ランキングですが、結構稼げるようになってきています。

 

世界的に見ては伸びてきていますが、日本でもしっかりと伸びてきています。私が好きな「PUBG」というゲームでは、大会の運営がDMM GAMESでZOZOTOWNバーガーキングなどの大手がスポンサーとして参加しているなど、注目度が増しています。賞金も年間で1000万円超と徐々に伸びてきています。

 

※「PUBG」国内大会の詳細はHPをご確認ください。

https://pubgleague.dmm.com/

 

【韓国ではプロゲーマーはスター】

 

お隣の国、韓国ではプロゲーマーがスター扱いされているというのをご存知でしょうか。人口が5000万人ちょっとの韓国では、私も見ている「PUBG」の大会は1000万弱の視聴者数を誇るほど人気があります。

数ある中の1つのタイトルでもこれほどの人気があり、実際に外でプロゲーマーに会うとサインを求めたり、写真を撮ったりすることが当たり前になっているそうです。

 

日本では、まだ注目されていないのに、韓国では大注目になっている。この差はなにかというと選手が生活できているかです。韓国のプロの多くは、ゲームに専念できる環境でお金持ちと言われる程度の稼ぎがあると言われています。稼ぎに加え、ゲーミングハウスと言われる家がプロゲーミングチーム毎に用意されていて、ゲームに専念できるようにコックもいるそうです。

しかし日本のプロの多くはゲームだけでは食べて行けず、日中は正社員として働いたり、アルバイトをして生計を立てており、ゲーミングハウスを持っているプロチームはほとんどありません。

 

このような環境の差から、韓国では憧れられる職業になり、業界としても急成長したと言われています。



e-sports教育機関も誕生】

 

世界では、学校の授業にe-sportsが取り入れられているのはご存知でしょうか?ゲームを通して、体力づくりや集中力のアップ、戦略的な思考力を伸ばすのを目的とし、特にヨーロッパで多く導入されています。アジア圏でも、マレーシアや台湾、香港、シンガポールといった国々でも教育現場にe-sportsが導入されています。

 

そんな中、日本国内でもe-sportsを教育に組み込むという動きがあります。将来のプロゲーマーを育てるため、既存の専門学校にe-sportsコースが出来始めていたり、一般の高校にもe-sports部という部活が生まれ、高校生のための全国大会などもできています。

 

現役のプロゲーマーが実際に教えている学校もあるなど、育てる土壌は整い始めているため、今後注目が集まっていく可能性は多いにあります。個人的には将来なりたい職業ランキングにプロゲーマーが入ってくる日も近いかもしれないと思ってます。




【これから注目が加速する】

 

e-sports業界は教育面が整えられているだけでなく、大会のスポンサーを始めチームや選手個人と契約をするスポンサーも増えています。

さらに、ストリーマーや大会解説者、育成担当などプロ選手が引退後の道も年々整えられてきています。業界として盛り上がってくる条件は徐々に整ってきているので、数年以内にかなり注目を集めると思います。

盛り上がっていくであろうe-sports業界に関わる仕事がしたいなと思うと同時に「Apex Legends」か「PUBG」のゲーミングチームオーナーになれたら面白そうという夢を持ち始めたりしてます。

単純に一緒にゲームやる仲間もほしいので、ゲームしたいけど人足りないよっていう方はコメントとかしてくれたら嬉しいです。