初心者がクラウドワークスを使って仕事してみた

f:id:kikitemj:20190727002835p:plain



フリーランスとして働いていたり、副業をしている人が多く使っているクラウドソーシングサイトというものをご存知でしょうか。

ランサーズやクラウディアなど有名なサイトがありますが、今回はクラウドワークスを使って業務をしてみました。

 

クラウドソーシングってどんな感じなのかわからず手を出せていないという方もいらっしゃると思いますので、実際に、業務をよかった点や微妙だった点などをまとめてみました。

 

※個人的な意見を元に作成していますので、ご了承ください。

 

【そもそもクラウドワークスとは】

 

そもそもクラウドワークスって何という方もいらっしゃると思うので、まずはここの説明から。クラウドワークスに限らず、クラウドソーシングサイトではインターネット上で仕事の受注、発注を行えるようになっています。 

 

 

f:id:kikitemj:20190727002759p:plain

 

具体的な仕事内容としては、ライティング・記事作成、データ入力、文字起こし、キャッチコピーの制作、ネーミングのコンペ、デザイン関連の仕事などがあり、それぞれ「コンペ形式」「プロジェクト形式」「タスク形式」などに分かれています。

 

各ジャンルなどで絞り、募集が出ている内容(仕事内容や報酬など)を確認した上で応募し、受注できたら作業を始めるという流れになっています。



クラウドワークスのメリット】

 

1番のメリットとしては、初心者でもやれる仕事が多いということです。ライターの仕事でも未経験からやれる仕事が多いですし、フィードバックをくれる依頼者も多いため、多少の能力向上にも繋がるのではないでしょうか。

ライティングで絞っても、かなりの依頼数があるため、自分の書いてみたい内容や納期に合わせて選ぶことができます。

 

また、ちょっとした時間にできる「タスク形式」の依頼が多いことも特徴ですね。これはライティングなどではなく、アンケートに解答をするだけという形になっています。アンケートに解答するだけなので、ちょっとした休憩時間でちょっと小遣い稼ぎということも可能なので、これは副業をしたい方におすすめかもしれません。

 

クラウドワークスのデメリット】

 

デメリットというほどではないかもしれませんが、結構単価が安いため、クラウドワークスだけで食べていくということは簡単ではない印象です。

 

「タスク形式」の仕事だと、数分で終わる内容が多いので、5~10円が相場だろうという印象です。ライティングに関しては、案件ごとに1文字〇円という指定がされており、専門知識が必要なものであれば、1文字2円を超えますが、1文字1円もいかない案件も多いです。

初心者から始めて、経験を積みたいという人であれば、報酬を考えずに受けれる案件を受けるという形でいいと思いますが、これだけで食べていこうとするとかなりの本数をこなす必要が出てきます。

 

合わせて、手数料が結構取られます。10万~20万で10%、10万以下で20%、タスク形式の仕事は無料という形になっています。また、出金の際も楽天銀行で100円、その他の銀行で500円と意外と手数料が取られてしまいます。

 

このあたりがデメリットだと言えるのではないでしょうか。



【稼ぎを増やす方法】

 

クラウドワークスを使って稼ぎを増やすには、2通りあると思っています。

 

1つ目は、経験を積んで、単価の高い案件を受けられるようにするということです。先述の通り、難易度によって1文字あたりの単価が変わっています。そのため、1文字0.5円の案件から1文字1.5円の案件が受けられるようになることで単価を上げ、稼ぎが増やせます。

ただし、実績がないとそもそも案件を受託できないため、難易度は高くなっています。

 

2つ目は、依頼主と業務委託を結ぶということです。スタートはクラウドワークス上で案件を受けるところからですが、記事の内容ややりとりが良ければ業務委託という形で直接契約を結ぶこともできます。依頼主側も募集をかけるのに費用が掛かっていることもありますし、システムを介す必要がなくなるため、直接依頼をしてくることもあるそうです。

直接契約を結べれば、単価交渉もしやすくなりますし、月に何本という契約である程度の収入は確保できるようになります。

 

【まとめ】

実際にクラウドワークスを利用してみて、これ1本に絞るのではなく、1つの収入源としてカウントする程度の方がいいのかなと思います。ライティングで考えても1原稿2000~3000円が多いので、費用対効果を考えるのであればあまりおすすめではないかなと思います。

経験積んで、他のことに活かしたいという人や副業したいという人にはとてもおすすめできると思います。

クラウドソーシングを使ってみようかなと思った際には参考にしてみてください。