転職考えたなら早めにすべきだと思う

 

 

終身雇用という考えもなくなってきて、スキルアップやより良い条件を求めて転職を考える人も増えているのではないでしょうか。私としては、前向きな転職ならどんどんしてもいいと思っています。私自身、元々中途採用に関わる仕事をしていたということもあり、様々な人や企業を見てきましたし、採用市場も長く見てきました。そこから思うのは、転職を考えたら早めにすべきということです。特に20代に関してはそう思います。

 

前職の経験などから、いろいろと持論があるので、まとめてみました。

※今回は20代向けの記事になります。

※この記事は個人的な意見も含みます。

 

【20代はブランド】

 

採用に関わったことがある人はご存知かもしれませんが、今は有効求人倍率がとても高くなっています。簡単にいうと、企業は人が欲しいのに、求職者が全然いない状況。つまり、内定が出やすく転職がしやすいという状況です。理由としては、会社全体が高齢化で若手が欲しいから若手が採用したい。採用するなら長く働いて欲しいから、やっぱり若手が欲しい。でも、少子高齢化の流れから新卒採用の母数が減っており、新卒採用が上手くできない企業が増えているということもあります。

そのため、若手層が採用したいのにできていないという企業が多くなっています。

 

そんな状況のため、20代なら経験は問わず無条件で採用するという企業は非常に多いです。文系卒で営業しかしてないという人でも、知識0からエンジニアに転職するということも容易です。

もちろん、最低限のビジネスマナーなどは問われますが、基本的には変なことをしなければ内定をもらえます。

 

もし、転職を考えている20代の方がいたら、年齢を重ねる前に20代という最高のブランドを活かして転職をすることをおすすめします。



【20代の前半と後半で見られ方が変わる】

 

社会人歴3年目までの20代前半は、第二新卒と呼ばれています。新卒とあまり年が変わらないのに基礎的なマナーやスキルは前の会社で研修を受けているはずなので、企業側に大きなメリットがあります。しかし、若ければいいというわけではなく、新卒1年目で転職をするのはリスクが高まります。企業側からしても入社して1年持たなかった人と認識し、ストレス耐性に疑問を持ったりビジネスの1年間の流れを知らなかったりという捉え方をします。つまり、新卒採用と何ら変わりなくなってしまい、企業側は不安要素が強くなってしまいます。なので、余程ブラックな企業でなければ、1年は頑張って続けてから転職活動をすることをおすすめします。

 

20代後半になる社会人4年目以降の転職は、前半の転職と比べて“実績”が注目されやすくなります。企業側からすると、即戦力として採用を検討する年齢になるからです。社会人経験が長ければ長いほどに、”実績”をシビアに見られるようになり、20代前半とは打って変わって、年齢が高くなるほどに転職難易度が高くなりやすいです。ただし、明確な理由があって他職種や他業界への転職をするとなると、同職種・同業界に転職するよりも難易度は下がります。

 

30代、40代となってくると企業側は育てるという観点で採用をしにくくなるため、転職を考え始めたらなるべく早いタイミングで動いたほうが難易度はぐっと下がります。

 

【でも、最低限の筋は通そう】

 

20代なら早めに転職をしようと言いましたが、転職するから明日から行きませんというようなことはやめましょう。企業によって就業規則は違いますが、基本的には1ヶ月前には退職を申し出なければなりません。引き継ぎがある職種なら引き継ぎ業務を完遂する、お世話になった取引先にも挨拶するなどの筋はちゃんと通しましょう。

また、個人的な意見ですが、退職代行を利用するのはあまりおすすめしません。なにをやっても辞めさせてくれないなどどうしようもない理由があれば別ですが、ちゃんと面と向かって退職交渉をすべきだと思います。



【まとめ】

今回は20代に絞って転職に関する意見を書いてみました。20代はブランドです。ただし、これは現在の話であり、今後ずっと続くわけではありません。外国人雇用も進められてきていることや2020年以降に景気が落ちて採用活動が鈍化する可能性もあります。そのため、考え始めたら早めに転職することをおすすめします。

転職を考えているけど、退職交渉ってどうすべきなのという人もいると思います。その話は退職代行を使わない方が良い理由と合わせて、また別の記事で紹介しますね。

 

【編集を終えて】

退職するのって勇気が入りますよね。人生の大きな決断みたいな気がして。

ただ、これまでは会社が用意してくれていたキャリアの道筋を、これからは自分で描いていく時代になっていくんだと思います。もちろん不安もあると思いますが、早いうちに”転職”の選択肢について、考えておくと良いかもしれません。