ストレングスファインダー®やったらブログやるべくして生まれたレベルの結果だった話

【みんな大好き自己診断系。】

 

今回やってみたのは企業研修にも使われている「ストレングスファインダー®」

 

ストレングスファインダーとは?

 

ストレングスファインダー®とは、米国ギャラップ社の開発したオンライン「才能診断」ツールです。Webサイト上で177個の質問に答えることで、自分の才能(=強みの元)が導き出されます。ストレングスファインダー®における「才能」は次のように定義されます。『無意識に繰り返し現れる思考、感情、行動のパターン』すなわち、自分の思考、感情、行動の「特徴」そのものが「才能=強みの元」だと言うのです。

 

 

才能を34の資質(似たような才能の集まり)に分類しています。そして、その34資質のうち、最も特徴的(優先度の高い思考、感情、行動のパターン)な5つを診断結果として出します。

 

こういうのって実際良さそうなことが書いてあって、

合っているか合っていないのかわからないことが多い印象です。

半信半疑な部分も非常にありますが、

結果を見ながら合っているか確認していきます。

 

【♠Kの特長的な5つの資質】

※ 順番も大事みたいなのでそのまま記載しています。

 

では、ひとつずつ検証していきましょう。

 

【個別化】

「個別化®」は、一人ひとりの個性や違いに目を向け、それを見抜くことに長けている資質です。 「個別化®」上位の人は、無意識に人を観察しています。「この人は、他の人とはどう違うのだろう?」という目を向けながら、その人を観察しその人固有の個性を見極めます。そして、その情報を元に一人ひとり異なる相応しい関わり方をします。

例えば、「個別化®」上位のリーダーであれば、メンバー一人ひとりの特徴をよく掴んでいて、あるメンバーに対しては、情報を事細かに与える、あるメンバーに対してはあまり密に関わらず任せる、あるメンバーに対しては定期的に進捗をチェックする、などの個別の対応をします。

https://heart-lab.jp/blog/1131/

 

 

 

言葉の意味が難しくてあまりピンときません。また、もし仮に僕の中で最も特長的な要素がこれであれば、もう長いことそうやってきたので、全然実感はないです。「君、個別化高いねぇ」って言われたことないですし。そうですかって感じです。

 

 

 

 

【コミュニケーション】

コミュニケーションというとコミュニケーション能力とか、コミュニケーションスキルとか、最近でいうとコミュ力とか言われますが、それらとは若干異なるというかもっと狭い概念です。要は、言葉で人を納得させる影響力なのです。簡単に言えば、言葉で表現する才能と言えます。だから、「コミュニケーション®」が上位にある人は基本的に話し好き。ひとたび話し始めると、立板に水のごとく淀みなくスラスラと話し続けることができます。何かを言語化し、表現する能力が非常に高いのです。 そしてその表現力は“相手を納得させる”という影響力として発揮されるので、無意識にどう伝えればわかってもらえるかというところにつながります。 ここから「コミュニケーション®」の人は、たとえ話や比喩表現が得意だったり、物語風に語ることが得意だったりします。

https://heart-lab.jp/blog/1031/

 

 

 

急にわかりやすい。酔っているときはもうしゃべり倒すので合っていると思います。ただ、ブログを書く身としては、「言葉で表現する才能」とか言われると、引くぐらいプレッシャー感じます。やっぱり間違っていると思います。

 

 

 

【活発性】

「活発性®」の思考を一言で表現すると、「やってみないとわからない」です。 ここが、石橋を叩いて渡る感じの「慎重さ®」と対極にある部分です。 この二つの資質はよくスレ違いがちですが、両者には「失敗」というものの位置づけ、概念に大きな違いがあります。 「慎重さ®」の人は、「失敗」を良くないものというか、やってはいけないものと捉えがちです。 だからこそ、失敗しないように、最初からうまくいくようにリスクを検討し、慎重に準備をするわけだし、そこに強みがあります。 一方で「活発性®」の人は、そもそも「失敗」という概念があまりありません。ないと言うと語弊があるかもしれませんが、少なくとも、「うまくいかないことがあってもあたり前」という感覚はあると思います。 だからこそ、まずやってみることを選択するし、うまくいかなければまた別のやり方でやればいいという感覚です。 なので「活発性®」の人は行動に躊躇がないし、スピード感を大切にしています。

https://heart-lab.jp/blog/974/

 

 

怖いくらい当たっている気がします。この前まさにこんなことを自己紹介インタビューで話した気がします。むしろこれが1番の方がしっくりくるのに、なぜ「個別化」がひょっこり出てきたのでしょうか。

 

 

【指令性】       

実は、「指令性®」をTOP5に持つ人はかなり少なく20人に一人もいないくらいの確率です。と言ってもこの数字はあくまで診断を受けた人の中で…ということではありますが。「指令性®」の影響力は、場に影響を与えて場を支配することで発揮されます。英語では Command であり、「命じる」「命令する」となりますね。「指令性®」の人にとって、何事も自分で選択できることが大事です。自分のやるべきことは自分が決めるのスタンスです。その意味で、自分の選択の余地がない一方的な指示命令は嫌います。それから、「指令性®」を持っている人は基本的に物言いが率直です。回りくどい言い方はしませんし、むしろ嫌いなはずです。なので、「指令性®」の人の発する言葉には、自然と力強さが宿ります。ある意味有無を言わせず、相手を従わせてしまう力強さです。

https://heart-lab.jp/blog/1004/

 

 

 

これってうまいこと表現されている気がしますが、要するに”わがまま”” 自己中心的”ってことなんじゃないかな…。僕は指令性高い人とは友達になれないなって思いました。

 

【戦略性】

「戦略性®」は、達成すべき成果に向けていくつものアプローチ方法を考える資質です。「戦略性®」の思考は、カーナビをイメージするとわかり易いと思います。カーナビの場合、目的地を入力すると、今いる場所からのルートがいく通りも表示されますね。そして、そのルートの中から種々条件を鑑みてある一つのルートを選択することになります。

有料道路優先のルート。 一般道優先のルート。 最短のルート。 最安のルート。 様々あるルートの中から選択します。「戦略性®」の人の思考もこれに近いものがあります。その意味で、「戦略性®」上位の人にとってまず必要なのは、目的地、すなわち落とし所がどこなのか…なのです。カーナビが目的地を入力しないと機能しないのと同じことで、落としどころがはっきりしないと「戦略性®」は働きません。逆に言えば、落とし所が明確になれば、「もし、ここでこうなったらこうする。」のような思考を繰り返して先読みし、様々なアプローチ方法、プランを考えます。つまり、「戦略性®」の人にとって成果を出す方法はたった一つではなく、いく通りもある、すなわち常に複数のオプションを持っています。頭の中で次々に先読みしていくので、自分にはそのルートがあたり前に見えているため周囲への説明を怠りがち。コトをうまくいかせるために「戦略性®」が使われがちで、そこにフォーカスし過ぎると人の気持ちを置いていってしまうこともあるかもしれません。

https://heart-lab.jp/blog/1152/

 

 

 

常日頃から「説明が雑」「丸投げ感半端ない」とJから言われているので、だいぶ当たっていると思います。今度から「考えがブレているわけではなく、常に最適なルートを辿っているだけだ。」という言い訳を多用していこうと思います。

 

 

【まとめ】

無意識に人を観察し、言葉で表現する才能があり、常にやってみて、

自分のやるべきことを決めて、常にルートを考える。

 

これはもうブロガーにとっては最適な結果と言えるのではないでしょうか。

ブログやるべくして生まれました。きっと。

 

【編集を終えて】

うん、6・7年の仲の僕から言わせてもらうと、上位5つは完全に合ってる。自覚はしてないみたいだけど、完全に納得。ちなみに僕は、「競争性」「最上志向」「収集心」「戦略性」「着想」でした。